36歳妻子持ちの崖っぷちアフィリエイト

36歳サラリーマンが崖っぷちに立たされた。 家族のためにお金を稼がなければ…超初心者アフィリエイターが副業で稼ぐ。完全実録、本気でアフィリエイトに取り組む様を赤裸々に晒していくブログ

36歳サラリーマンが崖っぷちに立たされた。 家族のためにお金を稼がなければ…超初心者アフィリエイターが副業で稼ぐ。完全実録、本気でアフィリエイトに取り組む様を赤裸々に晒していくブログ

私が運営しているブログのPV数の増加が少し頭打ちしてしまったので、PV数増加のためには、これからもっとコンテンツを増やしていかないといけません。
できるなら効率よく記事をアップしていきたいので、キーワード選定からのアクセスアップを試みてみます。
まず、その第一段階として、私の運営ブログの人気記事についての分析をしてみます。この分析によって、事前に多く検索されるであろうキーワードを効率よく記事に反映していく為の裏付けとします。

運営している一番PV数があるブログがこちら
>>>みんな良い曲流そうぜ!【結婚式の音楽情報紹介ブログ】


そして、このブログで1番アクセスがあるものがこの記事です。
>>>【2015年】プロが教える結婚式の入場シーンにオススメの人気曲 15選 

検索からやブログの内部リンク(関連記事など)で多少変わりますので、誤差については良しとしておきます。
そして、PV数の把握などに役に立つ、Googleアナリティクスのスクリーンショットは、Googleの規約で公開アウトなので、数字だけ公開します。
11月の1ヶ月間、月間ではブログ全体で16,494PVで、この入場に関するまとめ記事だけを見ると、5,333PVと総PVの約1/3をこの記事だけで稼いでくれています。


Seach Console -サーチコンソール-
そこで、ブログに関する情報を『Seach Console -サーチコンソール-』という無料ツールで分析してみます。
この『Seach Console』というのがとても優秀なツールでどんな検索ワードで自分のブログに来てくれているのかが分析できるという優れものなのです。
今回は1ヶ月のデータを参照しています。

クエリを「入場」でフィルタしました。 [クエリというのが検索されたワード]
seach console [結婚式 入場]
※クリックで写真拡大します。

上位10位まで晒しています。
1位は「結婚式 入場曲」というキーワードで検索され、1ヶ月で4,034回表示されています。この後に実際にクリックされて記事を読んでくれたものがクリック数です。
CTRというのが表示回数の何%クリックされたのか?という数字で9.4%
掲載順位はそのまま1ヶ月のそのキーワードで検索されて表示された平均順位ということです。この記事は7.8位表示ですね。ということは、概ね検索されると1ページ目に表示されていると推察できます。


キーワードプランナー Google Adwords
さらに『キーワードプランナー Google Adwords』という、別のツールを使ってキーワードがどれぐらい検索されているかを調べてみます。
この『キーワードプランナー Google Adwords』というツールはリスティング広告を打つ際にどれぐらい効果が期待できるのか?という事前のリサーチに使うツールです。

そこで、『Seach Console』の時と同じく「結婚式 入場曲」でどれぐらい検索されているのかをリサーチするとどうでしょうか?
キーワードプランナー [結婚式 入場曲]
「結婚式 入場曲」で1ヶ月あたり6,600回検索されているという情報。
先ほどの『Seach Console』の4,034回というのが、あるワードで検索すると10位までが検索1ページ表示なので、本当は10位以降に表示されていたが、そのまま1ページだけで検索を終わったりした人のことも考慮すると、月間の検索ボリュームもほぼ一致していると言えそうですね。
この『Google Adwords』がキーワードを探し出すための、かなり優秀なツールであることがうかがえます。

そして、また『Seach Console』に戻ります。
検索ボリュームに対しての検索数も、だいたい満足のいくものになっています。
クリック数とCTRは密接な関係にありますので、9.4%が多いのか少ないのかということが知りたいですよね。もちろんこのCTRにはさらに検索順位も大きく影響します。

検索順位目安 (参考記事はこちら↓↓↓)
グーグル検索結果の順位別クリック率2014年版 + ページランク正式終了!? のお知らせ など10+4記事

1位→31.24%
2位→14.04%
3位→9.85%
4位→6.97%
5位→5.50%
6〜10位→3.73%


という数字になっています。ですから今回の分析記事の9.4%はかなり高い数値と言えます。

今回の分析によってわかったことは、一定数の検索ボリュームもあり、記事の質もGoogle的に良い内容の記事と認識してくれているので順位も上位に表示されていて、かつ検索した人も探している情報に合致しているという結果になります。

まとめ
今回は人気記事から逆向きに分析していきました。
ということは、単純に人気記事を書くためのリサーチは、順序を逆にすればいいわけです。
『キーワードプランナー Google Adwords』で検索ボリュームが多いキーワードを探して、狙って記事を書き、少し日にちを置いてデータが出揃ってから
『Seach Console』でどれぐらい検索されているか?記事の順位はどれぐらいか?しっかりクリックされて記事が読まれているか?という分析をして、順位が低ければ情報を足してリライトし、記事のボリュームアップを図って順位を上げていく。という手順を踏むことができるのです。

今回の作戦としては、せっかくコンテンツを増やすなら、まずたくさん検索されそうなキーワードのものを優先的に記事にしよう。という作戦の第1段階、
この後はこの考え方で、効率よいアクセスアップが本当に可能か?という実際の記事をアップしてのテストにつなげていきます。
次回の記事アップまで少々お待ち下さい。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット